眼科での定期検診のすすめ

コンタクトを処方箋なしで購入しても、眼科での定期検診は忘れずに


使い捨てコンタクトレンズ 処方箋なし通販で買う 【口コミ評判】 2017年度版 TOP > 眼科の定期検診 

眼科の定期検診


コンタクトレンズを処方箋なしで購入出来るのは、時間や費用の節約にもなってとても便利です。ですが、目の健康を守るためには、眼科で定期的に検診を受けられることをお薦めします。ご自分の目の健康を守るためには、きちんとした自己管理意識が大切なのだと思います。

コ ンタクトレンズ販売店でコンタクトを購入する場合、併設されている眼科や指定されている眼科で処方箋を発行してもらうケースが多いようです。ですが、このような併設眼科には、きちんとした専門の眼科医がいない場合もあります。他の科の医師が、アルバイト的に診察をしているケースがあるのです。実際に、行く たびに違う医師に診察されたという経験をした方も多いようです。

販売店の併設眼科で、処方箋を発行してもらう際に簡単な診察を受け、それで安心してしまうのはかえって危険な場合もあります。実際に、他の眼科を受診してみたら目に異常が見つかったケースもあるのです。目の定期検診は、ご自分で選んだ信頼のおける眼科で受けるべきだと思います。

目の定期検診では、どのような検査をするのでしょうか。一般的に行われるのは、視力検査・眼圧検査・眼底検査・細隙灯顕微鏡検査です。 視力検査は、もっとも基本的な検査ですね。視力は変化することもありますから、自分の視力にきちんと合ったコンタクトレンズを選ぶためにも、定期的に確認した方が良いでしょう。

眼圧検査は眼内圧を調べる検査です。眼圧は房水という液体によって一定に保たれています。そのため眼球の形が一定に保たれているのですが、このバランスが崩れると目に異常が起きてしまうのです。眼圧が高くなるとかかる病気としては、「緑内障」がよく知られています。

眼底検査では、眼底にある血管や視神経・網膜などを調べます。瞳孔を開くために散瞳薬をさして、検眼鏡や眼底カメラを使って検査します。眼底検査では、緑内障・眼底出血・糖尿病性網膜症などを発見することが出来ます。また、眼底は血管の状態を直接見ることが出来るため、動脈硬化や糖尿病などを発見することも出来ます。

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査は、細隙灯という拡大鏡を使って目を検査します。ちょっと難しい名前ですね。眼科で、顕微鏡がついた装置に顎を乗せて、目に帯状の光を当てて検査をした経験がある方もいると思います。あれが細隙灯顕微鏡検査です。結膜・角膜・前房水・虹彩・瞳 孔・水晶体などを検査することが出来ます。

スマホやパソコン、ゲームなどが普及し、現代人は目を酷使する生活環境にいます。定期的に眼科で検診を受けることにより、目の病気を早期発見・早期治療することも出来ます。ぜひ、積極的に定期検診を受けてください。



 






← 使い捨てコンタクトレンズ通販 処方箋不要 どこを選ぶ? TOPページに戻る