コンタクトを処方箋なしで買うことは薬事法的には?

コンタクトを処方箋なしで販売することも購入することも薬事法的には全く違法性なし


使い捨てコンタクトレンズ 処方箋なし通販で買う 【口コミ評判】 2017年度版 TOP > 法律(薬事法)的には全く問題ない 

コンタクトを処方箋なしで購入することは違法でないという理由


コンタクトレンズを購入する際、処方箋は必要なものだと思っている方は多いと思います。ですが、実際には処方箋は必要ではないのです。薬事法では、コンタクトレンズ購入の際の処方箋提出を、義務づけてはいないのです。

ですが、実際には処方箋がないとコンタクトレンズの購入が出来ないケースが多いですよね。コンタクトレンズ販売店で、処方箋の提出を求められることは一般的 です。処方箋の提出が義務付けられていないのに、どうしてなのでしょう。これは販売店側の方針であったり、メーカー側からそのような指示があったりするからです。また、処方箋を発行することで、その分の利益を得ようという考えもあるようです。

薬の場合は、薬事法で処方箋による規制がされています。ですが、コンタクトレンズは高度管理医療機器に当たり、特に規制はされていません。つまり、処方箋なしでコンタクトレンズを購入しても、法律上全く問題はなく、違法ではないのです。

コ ンタクトレンズ購入の際に処方箋は必要ありませんが、販売店側は高度管理医療機器販売許可がなければコンタクトレンズを販売してはいけないことになってい ます。そして、営業所ごとにきちんと管理者を置かなければならないのです。更に、購入者に対して医療機器を正しく使用するための情報を提供する努力が義務づけられています。

つまり、購入者側の規制はありませんが、販売店側には責任を持ってコンタクトレンズを販売するための規制があるということになります。 処方箋なしでコンタクトレンズを購入することに、不安を感じる方もいるかもしれませんね。

処方箋なしで購入したレンズで、目にトラブルが起きたらどうしよう と思われるかもしれません。ですが、コンタクトレンズによる目のトラブルのほとんどが、レンズを正しく使用していないことによるものです。レンズの装用期 間をキチンと守らなかったり、レンズのケアをキチンとしていなくてレンズが汚れていたりすることが主な原因なのです。

コンタクトレンズは、処方箋がなくてもご自分のレンズデータがわかれば購入することが出来ます。もちろん、初めてコンタクトレンズを購入する方は、きちんと眼科で処方箋を 発行してもらい、正しいレンズデータを手に入れる必要があります。また、目の視力は変化する場合がありますから、定期的に処方箋を発行してもらい、レンズ データに変化がないかを確認した方が安全です。

ですが、コンタクトレンズ購入の度に処方箋を発行してもらう必要はないのです。 もちろん、 目の健康を守るためには、定期的に眼科に行き検診を受ける必要があります。また、目に異常があった場合は、すぐに眼科で診察を受けてください。処方箋が必 要ないから眼科には行かないというのではなく、きちんと自己責任でご自分の目の健康を守るという意識が大切なのだと思います。

 






← 使い捨てコンタクトレンズ通販 処方箋不要 どこを選ぶ? TOPページに戻る